電気脱毛の痛みや特徴などの説明

電気脱毛とは、直径0.05ミリメートル〜0.15ミリメートルのプロープと呼ばれる針を毛穴一つ一つに差し込み、差し込んだプロープに電気あるいは、高周波を流すことで毛根部を破壊し永久脱毛を達成するという方法です。電気を流すのだから痛みがあるのではないかと思う人もいると思います。しかし、脱毛する部位にもよりますが、一般的には毛を抜く時の痛みよりも若干痛くない程度だと言われています。しかも医療レーザー脱毛が行われる前から行われており、永久脱毛の手段としては、一番の実績を誇る方法てあり、体への痛み、副作用がないことも証明されています。電気脱毛後は、つるつる感のある素肌になります。次に電気脱毛に適した部位について説明します。基本的には、粘膜以外であれば、毛の太さや色などを選ばす安全なムダ毛の永久脱毛ができます。これは一つもメリットとも言えます。しかし、費用や期間などの兼ね合いで、医療レーザーでできる部分は医療レーザーで永久脱毛を行い、その他の繊細な技術を必要とする顔や、確実な効果を求めるワキ・ニキビライン、医療レーザーで脱毛しきれなかった産毛などを電気脱毛するという選択が多いそうです。この脱毛方法にかかる時間は、毛一本あたり、三秒から六秒程度です。一本三秒から六秒は、非常に脱毛としてはペースが遅いのですが、この脱毛方法は、施術者が脱毛の対象となるムダ毛一本一本に対して、毛穴の角度や深さに合わせながら、プロープを毛穴に挿入するため、大きな手間がかかるというわけです。丁寧に作業するので、永久脱毛後は、毛がなかなか生えてきません。しかし、それだけの費用はかかるということです。次に脱毛時の毛の状態についてと、電気脱毛ができない人について説明していきたいと思います。脱毛時の毛の状態は、処理を確実にするために、一定期間前から自己処理をすることができず、最低でも1ミリ2ミリ程度が必要になってくる可能性があります。この脱毛ができない人については、妊娠初期の方や熱が38度以上ある方だそうです。理由は、毛穴に針を刺して電気や高周波を流して脱毛するためです。いろいろな特徴を説明してきましたが、それぞれの脱毛方法には、メリットとデメリットがあるので、脱毛をする人の判断で、自分の体質にあっているか、アフターケアは万全かなどを慎重に調べて、自分に一番合っている脱毛方法を選ぶことが、とても大切だと思います。

全身脱毛VIO込み 黒い陰毛脱毛痛くない 白髪のニードル脱毛

【期間限定キャンペーン】

月額制で毎月1万円以下

ほぼ無痛のV脱毛

Vライン

痛くない全身脱毛

V白髪まで脱毛